体幹トレーニングというものが流行することで、インナーマッスルに興味を持つ人が増えています。

 

インナーという言葉には「奥の」「内部の」という意味があります。

 

筋肉は体の中心の骨に近い部分から何層にも重なって体を覆っています。

 

インナーマッスルは体の奥深い部分にある筋肉のことで、体の外からは触れることができません。

 

一方、アウターマッスルは、外側を覆っている筋肉です。

 

インナーマッスルとアウターマッスルは同じ筋肉ですが、役割が異なります。

 

アウターマッスルは大きな力を出すことができる筋肉です。

 

動くときにメインとなるパワーを生み出す役割があります。

 

それに対して、インナーマッスルは、関節を適正な位置にキープしたり、立ったり座ったりという動作、立った時に姿勢を維持する役割があります。

 

インナーマッスルを鍛えても体のラインは変わらないので、アウターマッスルを鍛えたがる人が多いですが、インナーマッスルとアウターマッスルはどちらも大切です。

 

特にスポーツ選手はインナーマッスルのトレーニングは不可欠です。

 

インナーマッスルを鍛えずに、アウターマッスルばかり鍛えていると、インナーマッスルが引っ張られてしまい、関節に負担がかかります。

 

例えば、四十肩という症状。

 

これはインナーマッスルが衰えて、肩周辺の筋力のバランスが乱れることで起こるものです。

 

インナーマッスルを鍛えることで、筋肉のアンバランスから生じるマイナスを防ぐことができます。

 

インナーマッスルを鍛えても体の表面には表れませんが、インナーマッスルを鍛えることで体が軽くなって、体調は良くなりますよ。