筋肉には速筋(白筋)と遅筋(赤筋)があります。

 

速筋は瞬発力、遅筋は持久力に優れています。

 

筋肉は膨大な数の筋繊維が束になってできています。

 

筋繊維には特徴があり、瞬間的に大きな力を発揮する速筋と、力は小さいけれど、持久力のある遅筋に分けれらます。

 

速筋は全速力で走ったり、ウエイトトレーニングをするときに使われます。

 

糖質をエネルギー源としていて、酸素をあまり必要とせずにエネルギーにできます。

 

長時間力を発揮することはできません。

 

陸上の短距離走などで使う筋肉です。

 

一方の遅筋は、歩いたり姿勢を整えたりなど、ふだん使われる筋繊維です。

 

酸素を取り込んでエネルギーに変換するミオグロビンというタンパク質を多く含んでいます。

 

筋収縮を続けながら酸素を取り込むので、長時間運動を続けることができます。

 

マラソン選手が発達している筋肉です。

 

遅筋に含まれるミオグロビンは赤い色素を持っているので遅筋は赤っぽく見えます。

 

速筋はミオグロビンの量が少なく、白く見えます。