速筋と遅筋にはそれぞれ特徴があり、瞬間的に力を発揮する必要がある短距離走者や野球の投手などは速筋が多いほうが有利です。

 

一方、マラソンランナーは遅筋が多いほうが向いています。

 

この速筋、遅筋の割合は生まれつきのものなのでしょうか?

 

足が速いとか、持久力があるというのは生まれつきの能力のような気がするのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

近年の研究では、瞬発力を発揮するトレーニングを続けていると速筋が、有酸素運動を続けていると遅筋に変化が表れることが確認されています。

 

ただ、トレーニングによって速筋、遅筋の割合を変化させられるのかどうかはわかっていません。

 

ただ、日常的にトレーニングを続けることで、速筋、遅筋それぞれの筋繊維を太くすることは可能です。

 

速筋を太くするなら高負荷の筋トレを、遅筋を太くするなら、ウォーキングやジョギングを定期的に続けることで可能です。

 

人間の体は状況に合わせて適応し、筋肉は使えば発達しますが、使わなければ衰えてしまいます。

 

普通に生活していると速筋は使う機会の少ない筋肉です。

 

年齢とともに速筋は衰えやすく、そのため動きが緩慢になってくるのでしょう。