細マッチョを目指す男性の必須アイテムとなりつつあるビルドマッスルHMBですが、「グルタミン」という成分を一緒に摂取することで筋トレ効果がアップする可能性あり!という話を聞いたので調べてみました。

グルタミンとは非必須アミノ酸の一種で、体に最も多く含まれるアミノ酸です。人間の骨格筋の遊離アミノ酸の約6割がグルタミンと言われています。筋肉を増強したり、筋肉疲労を回復する効果があると言われています。

なんだかHMBと相性良さそうじゃありませんか!

グルタミンの効果

グルタミンには以下のような効果があると考えられています。

  • 腸の働きをサポート
  • 免疫力を高める
  • 筋肉を強化する
  • 傷を治癒する
  • アルコール代謝を促進する

いろいろな効果が期待できるのですが、この中で気になるのはやっぱり「筋肉を強化する」効果ですね。

グルタミンの筋肉増強効果がすごい理由

グルタミンは筋肉の分解を抑制する働きがあり、筋肉量を維持する効果があります。

ハードな筋トレで筋肉に負荷がかかると、筋肉中のタンパク質は分解される方向に傾きます。このとき筋肉中からグルタミンが放出されます。

つまり、グルタミンを外から補給することで、タンパク質の分解を抑えることができるのです!

グルタミンはハードな筋トレで筋肉の分解を抑制してくれるので、より効率的に筋肉量を増やすことができます。

アスリートに人気の成分であることも納得です。

しかし、筋肉の分解を抑制する成分は他にもあります。その中でグルタミンをおすすめするのは、グルタミンが腸の働きをサポートする効果があるからです。

どういうことかというと、私たちは食べ物から栄養を補給するわけですが、体内に栄養を吸収するのは腸の働きによるものです。

つまり、腸が弱っていると、どんなにいい栄養成分を摂取してもカラダに吸収されにくくなります。

腸が健康であってこそ、栄養は体中に行き渡るのです。

しかし、現代人は腸の健康を損ねている人が多いのではないでしょうか?

栄養満点のおいしい料理を食べても、腸が健康でないと、とても残念な結果になります。

グルタミンは筋肉の分解を防ぐとともに、栄養吸収をサポートする成分なのです。

積極的に摂取したいですね。

ビルドマッスルHMBと併用すると?

ビルドマッスルHMBの主要成分であるHMBは筋肉増強効果のあるアミノ酸、ロイシンが体内で変化してできた物質です。

ロイシンは筋肉の材料となるアミノ酸です。

ロイシンが変化したHMBにも筋肉の分解を抑制する効果があり、ハードな筋トレを行なったとき、HMBを飲んでいるのと飲んでいないのとでは、筋肉量を維持する割合が変わってくるのです。

HMBとグルタミンを併用することで、筋肉量維持に相乗効果が期待できそうですね。